GoPro Studio 使い方 1:概要

GoPro Studio使い方 GoPro動画の再生や編集

Youtube-goprocamera

GoPro Studioのマニュアルは現在も日本語対応していないので簡単な使い方をGoProオフィシャルサポートに聞いてみた。

以下サポートからの情報

ステップ1: インポートとコンバート(変換)について

* GoPro Studio画面中央の「STEP 1: IMPORT & CONVERT」タブ

初めに、左側上部にあります「IMPORT NEW FILES(+)」ボタンをクリックして編集したいビデオファイルGoPro Studioに取り込みます。

プレビュー画面下部のスライダーの◆マークの位置の変更をして「MARK IN/OUT」スプリットボタンをクリックするとビデオの再生位置と終了位置を変更することができます。

中央下部のメニューの中の「ROTATE/FLIP」は画面を回転することができます。

「ADVANCED SETTINGS」ではフレームサイズ(解像度)、ビデオの縦横比、フレームレート(FPS)、出力ファイルのフォーマット(AVIかMOV形式)、クオリティー、フィッシュアイ補正などの変更をしていただけます。

「FILE NAME」で出力するファイルの名前を変更できます。初期設定では元のファイルと同じ名前になります。
「SAVE TO」では、出力する先のフォルダを指定します。

*FILE NAME, SAVE TOで使用する名前とフォルダ名には半角英数のみをご利用になり、2バイト文字(日本語や全角英数)が含まれないようにご注意ください。

設定が決まりましたら「ADD CLIP TO CONVERSION LIST」をクリックし、右側のリスト一覧に追加されたことを確認します。

「CONVERSION DETAILS」で動画の設定内容を確認しよろしければ「CONVERT ALL」ボタンをクリックします。また、そのビデオが不要でしたら「REMOVE CLIP/REMOVE ALL」でクリップファイルを削除します。

変換が終わりましたら「CONVERT ALL」が「PROCEED TO STEP 2」と変わりますのでクリックしてステップ2にお進みください。


ステップ2:編集 について

* GoPro Studio画面中央上部の「STEP 2:EDIT」タブ

GoPro Studio2.0以降をお使いの場合にはStep2表示後、テンプレート画面が表示されます。ご自身で初めから動画を作成される場合には左側の「BLANK TEMPLATE」をご選択ください。テンプレートは編集できるクリップ数、動画の長さ、また音楽が設定されておりますので、ご使用用途に合わせてテンプレートを選択してください。またテンプレートはテンプレート選択ページの「Download more here」から追加することが可能です。

ステップ1で変換をした場合には自動で左側に追加されます。

もし追加されていない場合には左画面上部の「Media(メディア」ボタンをクリックして編集したい変換後ビデオファイルや音楽、写真をGoPro Studioに取り込みます。

左画面上部の「Title(タイトル)」を使用することでコメントやキャプションを入力することができます。

画面左に表示されているクリップもしくはタイトルをプレビュー画面下部のストーリーボードにドラッグアンドドロップして作成する動画を編集します。

プレビュー画面すぐ下部左側にある5つのボタンは左から「スプリットボタン」「前クリップ」「次クリップ」「MARK IN」「MARK OUT」ボタンとなります。

右側の各ツールで再生速度やフェードの設定、音量、画像のホワイトバランスや色また、水平調整などを変更いただけます。また、PRESETをお使いいただいて簡単にイメージ調整も行っていただけます。編集する場合にはストーリーボードの編集したいアイテム(動画、タイトル、音楽)をクリックして右側の画面で編集します。


ステップ3: エクスポートについて

STEP3 EXPORTタブをクリックしますと別の画面でエクスポートするフォーマットの種類を選択する画面が表示されます。
用途に合わせて出力フォーマットを選択して「EXPORT」ボタンをクリックしてファイルを出力します。

*FILE NAME, SAVE TOで使用する名前と格納先フォルダ名には半角英数のみをご利用になり、2バイト文字(日本語や全角英数)が含まれないようにご注意ください。


Cineformスタジオ(前バージョン)と比べると、音楽追加や複数の動画を一つにまとめられたり少し便利になった。

フィッシュアイ補正もできるので、ほかの編集ソフトのインポート前にAVIとMOV変換ツールとして利用するといいかも。

* MP4ファイルの編集はAVIやMOVに変換することで編集しやすくなりますよ。



WD Elements Portable 2TB (ポータブルHDD, 高速USB 3.0/USB 2.0対応 Windows 8対応 バスパワー給電) WDBU6Y0020BBK-JESN

   
この記事へのコメント
    
  

【コメントの投稿の仕方について】

このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
Facebook、Twitter、Google+などにアカウントをお持ちの方は、
ログインして自分の各プロフィールでコメント出来ます。
アカウントがない人はメールアドレスを入力するとコメントできます。
(入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)

記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
なにか書いていただけると管理人がやる気を見せます

« »