GoPro Studio 使い方 4: Step1 Import&Convert(コンバート手順)

GoPro Studio使い方 GoPro動画の再生や編集

Step1-image

GoPro Studio: Step1 Import&Convertの使い方

この「ステップ1」ではGoPro Studioに撮影した動画をインポートしてMP4ファイルからAVIもしくはMOVファイルに変換します。

これによって編集しにくいMP4ファイルから、多くのソフトで動画編集が可能になります。またここでは出力解像度の変更や、スローモーションビデオ作成魚眼レンズ効果の削除などGoPro HEROカメラで撮影したビデオのベース部分の編集ができます。

*Windows版の画面を使っていますがご了承を。


GoPro Studio 各メニューについて


まずは各機能について説明する前に、GoPro Studioのメニューについて簡単に説明します。

Menu bar

このメニューで難しい部分は「Help」―「Device Window」くらいかと思います。

この「Device Window」メニューは、Wi-Fiリモート、Wi-Fi BacPacまたHERO2カメラのファームウェアアップデートや、HERO2とWi-Fi BacPacを使う場合のパスワード変更などが必要な場合に使います。



GoPro Studioの各機能と使い方の紹介


*ステップタブとプレビュー画面の説明は不要だと思うので飛ばしています。
*プレビューが見れない人はグラフィックスカードドライバ、QuickTimeのバージョンなどGoPro Studioの最少要件を満たしているかコンピュータスペックを確認しましょう。

Step1-image



GoPro Studioの各パーツ機能と簡単な説明を番号順

  1.ファイルのインポート
  2.詳細設定や出力先設定など
  3.コンバート(変換)ファイル一覧

で紹介していきます。あと詳細設定画面についても下部で説明します。


1. ファイルのインポートについて


Step1-IMPORT-File

*ファイルのインポートで最も重要なことは「元ファイルの保存場所」です。

  ほかにも注意事項があるので、各ポイントを押さえていきましょう。



 1) 「半角英数」ファイル名とフォルダ名に保存しているか?

   GoPro Studioは今のところ日本語に対応していないソフトです。
   そのため、インポートしたい動画を日本語ファイルやほかの2バイトコードを
   使ったフォルダ名に保存した場合や、ファイル名がある場合には
   うまく動作しません。



 2) インポートファイルはコンピュータや外付けHDDにコピーしているか?

   GoPro Studioで作成されたプロジェクトは、インポートするファイルの
   保存先を記憶します。
   SDカードを直接読み込んでファイルを編集すると、SDカードをコンピュータ
   から取り出した際、プロジェクト起動時に各ファイルの保存先を
   GoPro Studioが見つけられず、毎回、警告画面と共に各ファイルの新しい
   保存先を再確認されます。



 3) MP4ファイルの再生では「QuickTime」を使う設定になっているか?

   GoPro Studioのフイル読み込みでは、QuickTimeの内部の機能を使います。
   MP4ファイルに対して、QuickTime優先順位が低いと、エラーメッセージ
   「Unable to play …」が表示されるようです。

   *今後トラブルシューティングを書く予定

以上が「GoPro Studio Step1: インポート手順」での注意点になります。



続いて、

2.詳細設定や出力先設定など


Step1-AdvancedSettings

この項目のポイントは「出力ファイル名と保存先」設定と「詳細設定画面」です。
そのほかの注意事項と合わせて確認していきましょう。

*詳細設定画面は下部で別に説明します。

  1) 「出力ファイル名」と「保存先フォルダ」は必ず半角英数で設定

   出力先に日本語や2バイト文字が含まれると正常に変換できません。
   必ず半角英数だけを使ったファイル名と保存先を設定しましょう。



  2) 「◇」マークと左の時間表示はプレビューの再生位置になります。



  3) 出力するビデオの開始・停止位置を変更したい場合には「◇」マークで
   その位置を合わせ「コンバート開始・停止位置 設定ボタン」で変更します。



  4) 「ROTATE / FLIP」では画像の上下反転を行えます。



  5) 「ADD CLIP TO CONVERSION LIST」このボタンで右側の
   変換ファイル一覧に追加します。



*設定変更する場合には「必ず対象ファイル」をクリックし「薄いグレー」で変更ファイルが選択されていることを確認しましょう。

以上が「GoPro Studio Step1: 出力先について」の注意点になります。

WD Elements Portable 2TB (ポータブルHDD, 高速USB 3.0/USB 2.0対応 Windows 8対応 バスパワー給電) WDBU6Y0020BBK-JESN



続いて、

3.コンバート(変換)ファイル一覧


Step1-ConversionList

ここでは元のファイル、出力ファイルの設定概要確認と、変換開始が出来ます。

  1) 「CONVERSION DETAILS」を展開して概要を確認することができます。



  2) 「CONVERT ALL」ボタンで変換を開始します。

   進捗状況は各ファイルの「出力状況」で確認できます。
    *変換を開始すると「パーセンテージ」で出力状況が確認できます。



* コンピュータのスペックが低い場合、このリストにたくさんのビデオファイルを追加して「変換を開始」すると正常に出力されません。

*設定確認する場合には「必ず対象ファイル」をクリックし「薄いグレー」で変更ファイルが選択されていることを確認しましょう。

以上が「GoPro Studio Step1: 変換ファイルリスト画面について」の注意点になります。



この項目最後に、

「ADVANCED SETTINGS(詳細設定画面)」について


Step1-AdvancedSettingsWindow

GoPro HERO3+/HERO3のBlack Editionでは4Kなどの解像度の大きなファイルを撮影できますが、特に理由がない場合には「1920 X 1080 (1080p/フルハイビジョン)」以下の解像度で出力したほうが編集もやりやすいと思います。

* 設定変更する場合には「必ず対象ファイル」をクリックし「薄いグレー」で変更ファイルが選択されていることを確認しましょう。


* REMEMBER SETTINGSにチェックをつけると、以降のファイルを変換リスト追加時に設定が自動で反映されます。
各設定の概要は右側の変換リストで確認、詳細はこの「ADVANCED SETTING」画面で確認しましょう。



以上「GoPro Studio Step1: 詳細設定画面」の注意点になります。



各項目の意味さえわかれば、操作は簡単にできると思います。慣れるまでは変換前に、変換リストに追加しているファイルを選択して、詳細設定画面を開いて確認してから「CONVERT ALL」をクリックしましょう。



この変換処理時間はコンピュータのスペックにより、大きく影響されます。ハイビジョン動画の編集は出来るだけハイスペックなコンピュータを使うことをお勧めします。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 【Wii U動作確認済み】 PC/家電対応 2TB HD-LB2.0TU3/N フラストレーションフリーパッケージ(FFP)
   
この記事へのコメント
    
  

【コメントの投稿の仕方について】

このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
Facebook、Twitter、Google+などにアカウントをお持ちの方は、
ログインして自分の各プロフィールでコメント出来ます。
アカウントがない人はメールアドレスを入力するとコメントできます。
(入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)

記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
なにか書いていただけると管理人がやる気を見せます

« »