GoPro Studio 使い方 5: Step2 Edit (編集手順)

GoPro Studio使い方 GoPro動画の再生や編集

Step2Full

GoPro Studio: Step2 Editの使い方

この「ステップ2」ではGoPro Studioのステップ1で変換したAVI、MOVファイルの色やズーム、効果を編集したり、音声やタイトルを動画に取り込むことができます。

また複数のクリップを1つにまとめたり、長い動画を短くカットしたりもできます。

またテンプレートを使ったGoProらしいビデオの作成も出来ます。



* Windows画面を使っています。Macでは少し画面が異なります。



まずはステップ2で、表示されるテンプレートについてです。

Step2-Template2

ステップ2の起動時もしくは、プレビューの制御とストーリーボードの間の「LOAD TEMPLATE」をクリックすると、テンプレート選択画面が表示されます。



テンプレートはGoPro Studioをインストールした際に、いくつかインストールされているものと「Download more here」で新たに追加することができます。

テンプレートに表示されている「時間」と「CUT(CLIP)」数は、テンプレートを使った場合の時間と、ビデオ作成に必要なクリップ数です。

「BLANK TEMPLATE」または「CANCEL」をクリックすると、テンプレートを使わず自分の好みの動画を作成することができます。



*テンプレートを使用した場合には、このビデオの再生時間と必要クリップ数、各クリップの長さ、また音楽を変更することができません。



GoPro StudioのSTEP2の各機能と使い方の紹介


*ステップタブとプレビュー画面の説明は不要だと思うので飛ばしています。
*プレビューが見れない人はグラフィックスカードドライバ、QuickTimeのバージョンなどGoPro Studioの最少要件を満たしているかコンピュータスペックを確認しましょう。

Step2Full



GoPro StudioのSTEP2の各パーツ機能と簡単な説明を番号順

  1.メディアとタイトルの追加
  2.プレビューとフレームの制御
  3.ストーリーボード(タイムライン)
  4.各プロパティの設定(映像、タイトル、音声)
  5.プリセットの設定(映像、タイトル)

で紹介していきます。

WD Elements Portable 2TB (ポータブルHDD, 高速USB 3.0/USB 2.0対応 Windows 8対応 バスパワー給電) WDBU6Y0020BBK-JESN


1. メディアとタイトルの追加


Step2Import

ここでは、「動画」、「音声」、「タイトル」を編集対象としてインポートもしくは、作成できます。

「ステップ1:コンバート」で変換したファイルはこの一覧に表示されます。

*注意 対応メディアを確認しましょう!! このステップ2では、動画は「AVI」もしくは「MOV」形式、音声は「MP3」、「WAV」、「AIFF」、「M4A」、「CAF」のみ利用可能です。
*注意 メディアのインポート元のファイル、フォルダに日本語やその他の2バイト文字があるとインポートできません。
*注意 iPhotoなどを使ってコンピュータにインポートしたファイルはこのStep2でインポートできますが、編集内容がうまく反映されません。必ず元のファイルをコンピュータに手動(ツールを使わない)で取り込み、ステップ1を経由して取り込むようにしましょう。




続いて、

2.プレビューとフレームの制御


Step2-playbackbutton

一つの動画を複数に切りたい時は下のストーリーボードに動画をドラッグアンドドロップで取り入れて、2つに分けたい場所で、「スプリット」ボタンをクリックします。

*注意 編集をする場合には、対象のビデオやタイトル、音声を選択して編集作業してください。
* 編集を元に戻したい時はメニューバーの「Edit」>「Undo」もしくは、「Ctrl」+「z」、「Command」+「z」で元に戻します。


3.ストーリーボード(タイムライン)


Step2-storyboard

このストーリーボードでは、クリップの順序変更(複数のビデオを1つにまとめる)や音声、タイトルの追加ができます。

ストーリーボードへ動画などを追加したときには「メディア一覧」から追加したいファイルを「ドラッグアンドドロップ」します。

各クリップの間に表示されている「+」ボタンを押すと2つのクリップがオーバーラップ?でつながります。

色調整などした場合で、元に戻したい場合には「FX」ボタンをクリックしてください。

音楽をバックグラウンドで追加するため、ビデオの音声が必要ない人は「ミュート」ボタンで音量を0にしましょう。

*注意 タイトル(文字)を動画部分に追加すると、タイトルだけが表示されるクリップになります。文字を動画の上に表示したい場合には、タイトル部分に追加してください。

映像制作ハンドブック―映像に係わるすべてのクリエイターの必読書 (玄光社MOOK)

4.各プロパティの設定(映像、タイトル、音声)


映像プロパティ

ストーリーボードに追加した動画クリップを選択すると、右側のプロパティ画面に映像のためのプロパティ画面が表示されます。
各設定を変更して好みの動画を作りましょう。

プレビューの画質設定とビデオコントロール
Playback-VIDEOCONTROLS

プレビューの画質設定
編集中のプレビューの画質を「FULL(元解像度)」「HALF(半分の解像度)」「QUARTER(4分の1の解像度)」もしくは「AUTO(自動)」に設定できます。
コンピュータのスペックが十分でない場合には「AUTO」、もしくは「QUARTER」にしておくと、コンピュータへの負荷が少なくなります。

ビデオコントロール
ビデオコントロールでは、動画の再生スピード、逆再生、フェードイン・アウトの設定ができます。

*初期設定に戻す場合には「DEFAULT」ボタンをクリック



オーディオコントロール
AUDIOCONTROLS

オーディオコントロールでは、音量の調整、音声のフェードイン・アウトの設定ができます。

*初期設定に戻す場合には「DEFAULT」ボタンをクリック



ホワイトバランス
WhiteBlance

ホワイトバランスの設定では、色温度と色合いの調整ができます。

*キーフレーム設定はアドバンスユーザー向き

*初期設定に戻す場合には「DEFAULT」ボタンをクリック



イメージコントロール
IMAGECONTROLS

イメージコントロール設定では、露出(明るさ)、コントラスト、彩度、シャープネスの設定が出来ます。

*キーフレーム設定はアドバンスユーザー向き

*初期設定に戻す場合には「DEFAULT」ボタンをクリック



フレームコントロール
FRAMINGCONTROLS

フレームコントロール設定では、ズーム設定、水平・垂直方向へ画像の移動、画面の回転、水平方向の引き伸ばし、左右・上下反転ができます。

*H.DAINAMICでは両サイドの画像を引き伸ばします。

*キーフレーム設定はアドバンスユーザー向き

*初期設定に戻す場合には「DEFAULT」ボタンをクリック


タイトルプロパティ

ストーリーボードに追加したタイトルを選択すると、右側のプロパティ画面にタイトルのためのプロパティ画面が表示されます。

* 画面はWindows画面です。Macでは少し違います。

Step2-titleProperties

タイトル入力ボックスには「英数半角と一部の記号」が入力可能です。
今のところ、日本語や縦書きには対応していません。

背景色に黒以外の色を設定するとビデオ画像が表示されないので注意しましょう。


音声プロパティ

ストーリーボードに追加した音声を選択すると、右側のプロパティ画面に音声のためのプロパティ画面が表示されます。

Step2-AudioProperties

ここでは、音量の調節とフェードイン・アウトの設定ができます。

*初期設定に戻す場合には「DEFAULT」ボタンをクリック


5.プリセットの設定(映像、タイトル)


ストーリーボードに追加した動画もしくはタイトルをクリックすると右下にプリセット選択画面が表示されます。

映像プリセット

Step2-preset

すでに準備された複数のプリセットを動画に設定できます。もしもとに戻したい場合には「none」をクリックします。

映像のプロパティで好みの動画イメージ設定ができた場合には、新たにプリセットを追加することができます。

* 削除したプリセットは元に戻らないので「DELETE」ボタンを押すときは注意しましょう。


タイトルプリセット

Step2-titlePreset

すでに準備された複数のプリセットをタイトルに設定できます。

好みのタイトル設定ができた場合には、新たにプリセットを追加することができます。

* 削除したプリセットは元に戻らないので「DELETE」ボタンを押すときは注意しましょう。

以上が各設定項目で出来ることになります。

テンプレートを使った場合には、クリップをストーリーボードにドラッグアンドドロップするだけで、GoProらしい動画の作成が出来ます。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 【Wii U動作確認済み】 PC/家電対応 2TB HD-LB2.0TU3/N フラストレーションフリーパッケージ(FFP)
   
この記事へのコメント
    
  

【コメントの投稿の仕方について】

このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
Facebook、Twitter、Google+などにアカウントをお持ちの方は、
ログインして自分の各プロフィールでコメント出来ます。
アカウントがない人はメールアドレスを入力するとコメントできます。
(入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)

記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
なにか書いていただけると管理人がやる気を見せます

« »