HERO3ファームウェアアップデート

GoProの使い方 GoProの使用前に GoProトラブル対策

HERO3+ファームウェアアップデート

HERO3マニュアルファームウェアアップデート



GoProのカメラを使うと必ず遭遇する「カメラが起動しない」「動画撮影中に突然止まる」などのバグ?を防ぐため、またGoPro Appや新しい解像度設定を利用するために必ず使う前にファームウェアのアップデートをしよう。 (2014年2月更新)


HERO3+ファームウェアアップデート手順はこちら
HERO3+ GoPro App経由のファームウェアアップデートの手順はこちら


◆GoProアップデート開始前に確認しておくこと◆

・Wi-Fi機能はOFF
・マイクロSDカードはGoProで使用できたものを準備
・出来ればマイクロSDカードはフォーマットしておこう
・バッテリーは充電しておく
・ウェブブラウザは「Google Chrome」「Mozilla FireFox」「Safari」で接続




◆動画で見る GoPro ゴープロ マニュアル アップデート手順◆
 修正中





◆ファームウェアアップデート手順 覚え書き◆

1. 「http://jp.gopro.com」をウェブブラウザで開く。



2. 「サポート」→「製品アップデート」→「アップデートを開始」ボタンをクリック



3.「シリアル番号」、「名前」、「Eメールアドレス」、「国名」を入力して「次のステップ」をクリック



4.特に理由がない場合には「Wi-Fi&ファームウェアのアップデート」をクリック



5.ステップ1 - カメラの準備
  1) 空のMICRO SDカードを挿入する。
  2) HERO3の電源を入れてカメラを起動する。
  3) カメラのバッテリーのレベルをチェックする。
  4) カメラをコンピュータに接続します。



6.ステップ2 - カメラ名とパスワードを入力
 *パスワードとWi-Fi名に特殊文字を使うときは要件確認
 *8文字以上31文字以下の英数と「-(ハイフン)」[_(アンダーバー)]が入力可能



7.ステップ3 ― 「アップデートをダウンロード」ボタンクリック



8.「保存先フォルダ」を表示



9.「update.zip」ファイルを選択「右クリックですべて展開」を選んで解凍
  *Macではダブルクリックで自動展開



10.保存後「update」フォルダを開く
 *解凍後にコンピュータが圧縮ファイルやビデオファイルとして認識する場合があるが2~4つのファイルが見えていればOK



11.カメラもしくはSDカードリーダをコンピュータに接続



12.フォルダを開き「update」フォルダ内のファイルを「SDカードのルート」に保存
 *SDカードのルートとは最上位の場所です

SDカード:
├─DCIM (GoProカメラが自動生成するフォルダ)
├─MISC (GoProカメラが自動生成するフォルダ)
├─updateXX.cmd (XXはカメラにより異なります。)
├─settings.in (Wi-Fi名を変更した場合に保存されるファイル)
├─HD3.XXXX.bin (ファイル名は読み替えてください。)
└─FWXXXX.bin (ファイル名は読み替えてください。)

*太字がアップデートファイル



13.SDカードをコンピュータから安全に取り外してカメラを停止
 *SDカードが読み込まれたままだと、データが壊れてしまう可能性があります。アンマウントして取り外しましょう。



14.USBケーブルをカメラから取り外してカメラを起動



15.数回自動で再起動を繰り返し、停止するとファームウェアアップデート終了



16.起動後カメラのディスプレイに表示されているファームウェアバージョンを確認
 *http://jp.gopro.com/support/articles/firmware-release-information




   
この記事へのコメント
    
  

【コメントの投稿の仕方について】

このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
Facebook、Twitter、Google+などにアカウントをお持ちの方は、
ログインして自分の各プロフィールでコメント出来ます。
アカウントがない人はメールアドレスを入力するとコメントできます。
(入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)

記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
なにか書いていただけると管理人がやる気を見せます

« »