HERO3 カメラの比較

HERO3比較 HERO3購入前に



現在GoProから販売されているカメラはシリーズの種類

在庫がある店には以前のモデル、HERO2やHERO Originalが販売されていますが、オフィシャルサイトではHERO3シリーズしか販売されていません。(2013年8月現在)

アクセサリー製品を見るとHERO2や製品もだんだん在庫が少なくなっている様で、以前あった商品が突然販売中止となり一覧から消えていることがあるので以前のモデルのオフィシャル製品がほしい人は早めに買ったほうがいいかも。

現在販売されているカメラは3種類、上位モデルから「Black エディション」「Silver エディション」「White エディション」となっており、Black エディションは4K動画が撮影可能になっているハイエンド機。SilverエディションはHERO2とWhiteエディションはHEROと同等のスペックです。



* 画像をクリックするとAmazonの商品ページを表示します。

HERO3カメラの各エディション

GoProカメラを選ぶうえで気になるのは、もちろん価格と各エディションで撮影可能な解像度と付属品の違い、あとは用途によっては、最大撮影時間も。

HERO3カメラシリーズの各エディションの違いを比べて、用途に合わせてカメラを選ぼう!!


各カメラの解像度と金額の違い

 

Black エディション

Silver エディション

White エディション

動画解像度

最大 4k

最大 1080p

最大 1080p

写真解像度

12メガ

11メガ

5メガ

US販売価格

399.99ドル

299.99ドル

199.99ドル

日本販売価格

43,050円

33,600円

25,200円


各エディションの付属品の違い

Black エディション

Black エディションサーフ

Silver エディション

White エディション

HERO3: Black Edition
カメラ本体

HERO3: Black Edition
カメラ本体

HERO3:Silver Edition
カメラ本体

HERO3:White Edition
カメラ本体

60m 防水ハウジング 1個

60m 防水ハウジング 1個

60m 防水ハウジング 1個

60m 防水ハウジング 1個

リチウムイオン充電電池 1個

リチウムイオン充電電池 1個

リチウムイオン充電電池 1個

リチウムイオン充電電池 1個

クイック・リリースバックル 1個

クイック・リリースバックル 1個

クイック・リリースバックル 1個

クイック・リリースバックル 1個

接着式カーブ+フラットマウント 各1個

サーフボードマウント+テザー 各1個

接着式カーブ+フラットマウント 各1個

接着式カーブ+フラットマウント 各1個

Jフック・バックル 1個

Jフック・バックル 1個

Jフック・バックル 1個

 

3方向ピボットアーム

3方向ピボットアーム

3方向ピボットアーム

 

Wi-Fi リモート

Wi-Fi リモート

 

 


各カメラの解像度と録画可能時間の目安

*64GBのマイクロSDカードをフルに使った場合の目安です。
バッテリー稼働時間は考慮していませんのでご注意ください。

解像度

フレーム数

Black Edition

Silver Edition

White Edition

4K

12

4時間

×

×

 

12.5

4時間

×

×

2.7K

30

4時間

×

×

 

25

4時間

×

×

 

24

4時間

×

×

1440p

48

4.5時間

×

×

 

30

7時間

×

×

 

25

4.5時間

×

×

 

24

4.5時間

×

×

1080p

60

4.5時間

×

×

 

50

4.5時間

×

×

 

48

4.5時間

×

×

 

30

7時間

9.5時間

9.5時間

 

25

7時間

9.5時間

9.5時間

 

24

7時間

×

×

960

100

4.5時間

×

×

 

48

4.5時間

9.5時間

×

 

30

×

11.5時間

11.5時間

 

25

×

11.5時間

11.5時間

720

120

4.5時間

×

×

 

100

4.5時間

×

×

 

60

7時間

9.5時間

9.5時間

 

50

4.5時間

9.5時間

9.5時間

 

30

×

14.5時間

14.5時間

 

25

×

14.5時間

14.5時間

WVGA

240

4.5時間

×

×

 

120

×

9.5時間

×

 

60

×

×

18時間


Black /SilverどちらのエディションでもProtuneを使うと約4時間が最大録画時間になります。

カメラのファームウェア「ver3.00」からブラックエディションのビットレートが変更になって、プロチューンを使うとブラックエディション・シルバーエディション共に、35Mbpsになっています。



   
この記事へのコメント
    
  

【コメントの投稿の仕方について】

このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
Facebook、Twitter、Google+などにアカウントをお持ちの方は、
ログインして自分の各プロフィールでコメント出来ます。
アカウントがない人はメールアドレスを入力するとコメントできます。
(入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)

記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
なにか書いていただけると管理人がやる気を見せます

»