GoPro HERO3+の暗い場所での撮影

GoProHEROサンプル動画 GoProの使い方 HERO3+比較 HERO3比較 HERO3購入前に

AucklandSunSet

HERO3+の暗い場所での撮影の比較


2014年の3月のファームウェアアップデートでHERO3+ Black EditionでAuto Low Lightモードが利用できる解像度が増えました。
このAutoLowLightモードで撮影した動画を見ると、確かに設定したフレーム数が記録されていますが、フレームごとに確認すると同じコマが重複しているようです。なのでこの機能は暗い場所では実撮影フレーム数を落として、各コマの露出時間をあげていると考えられます。(出力ファイルは設定したフレーム数)

HERO3+では以前のモデルと比べるとずいぶん暗い場所でも撮影できるようになってきましたが、やはり暗い場所での撮影は別のカメラで撮影するほうがいいと思います。

それでもGoProで撮影したい場合は、フレーム数を落として撮影するとノイズが少なく撮影できると思いますよ。


HERO3+ BlackエディションとHERO3 Blackエディションの比較

Go Pro 【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP




HERO3+ Silverエディションと HERO3 Silverエディションの比較

(2分48秒頃から暗い場所での撮影)

【Go Pro NIPPON国内正規品】 Go Pro CHDHN-302-JP HERO3+ シルバーエディション




   
この記事へのコメント
    
  

【コメントの投稿の仕方について】

このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
Facebook、Twitter、Google+などにアカウントをお持ちの方は、
ログインして自分の各プロフィールでコメント出来ます。
アカウントがない人はメールアドレスを入力するとコメントできます。
(入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)

記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
なにか書いていただけると管理人がやる気を見せます

« »