ニュース

HERO4, HERO, GoPro Studio, GoPro App発表と販売

HERO4, HERO, GoPro Studio, GoPro App発表と販売

HERO4-HERO

左上が新しいブラックアウトハウジング
カメラ: 左からHERO, HERO4 Black, HERO4 Silver

 

 

ちょっと時間がなくてレビューも何も書けませんが、HERO4 Black, SilverあとHEROをゲットしました。

日本向けの在庫は、2104年10月8日現在も準備できてないみたいです。

送料かかるけど、発送国をアメリカに設定してから、カートに追加して日本の住所を入れても届きそう・・・。
ですが、確かではないので、注文する際には自己責任で。

あと、新しいラッチ(ハウジング留め具)は、HERO3+の時より強そうです。

NewLatch

新しいラッチ

 

新しいGoPro Studioでは新機能のHiLightタグに対応と、スローモーション用FLUXフレームに対応*みたいです。

* スローモーションで再生フレーム数を減らした場合に、カクカク再生されるのを防ぐため、足りない中間フレームを自動作成します。
 ただし、出力の時、とっても時間がかかります。

GoPro Appは、iOS8との完全互換性はまだのようですが、基本的な機能は使えるみたいです。

* 以前から言われていたダウンロードができない問題は、手動でGoPro Albumを作成すると対応できるみたい。

ただ、iOS8デバイスがないので、詳しくは今のとこわかりません。

 

4K 30fpsは編集がきびしそうなので、私は個人的には使わないと思います。

が、今回のモデルのNight Lapseは楽しそう!!

時間があるときにGoPro Studioの新しい機能の紹介と各新機能のレビューができればと思っています。

 

☆☆ GoPro新製品 発売開始 ☆☆

GoPro新製品 発売開始 ついに復活3Dシステム


ただしHERO3+ Black Editionのみ対応のようですね。


新しい製品の名前と簡単な紹介


HERO3+ファームウェアアップデート更新

HERO3+ファームウェアアップデート更新

3月6日に新しいファームウェアが公開されました。

http://jp.gopro.com/support/product-updates-support

今回のバージョンから「GoPro App」経由でファームウェアのインストールができるようになりました。

手順は別の記事で


追加された新しい機能はこちら



HERO3+ Black Edition – update 2.0

  • 「1080p―60FPS」と「1080p-50FPS」でSuperViewが使えるようになりました。
  • 自動ローライトモードが「1080p―60FPS」と「1080p-50FPS」でも設定できるようになりました。
  • 自動ローライトモードを「960p-100FPS」、「720p-120FPS」、「720p―100FPS」、「720p-100FPS SuperView」モードで使えるようになりました。
  • 自動ローライトモードが初期設定で「有効」になりました。
  • Protuneモードが新しくなりました。色調整、ISO設定、シャープネスと露出設定ができるようになりました。
  • Protuneモードの初期設定が、色調整:「GoPro カラー」、シャープネス:「高」に設定されました。


  • HERO3+ Silver Edition – update 2.0

  • 写真と動画撮影の視野角・画角が広くなりました。



  • ☆GoPro App 新バージョン公開☆

    ☆GoPro App 新バージョン公開☆

    2014年3月5日に新しいバージョンのGoPro Appが公開されました。

    新しい点としてはGoPro Appのダウンロードページのスクリーンショットの初期起動画面に「カート」と「↓」アイコンが表示されてます。
    あとは、ギアアイコンをタップすると「アップデートの自動ダウンロード」と「電話のネットワークを使う」項目が増えているみたいです。

    アップデートがGoPro App経由になるのかな?

    また手順記事作り直さなければ・・・。

    過去記事修正中

    ちょっと時間に余裕が出たので、忙しくて出来なかった過去記事(ソフトウェアアップデートなど)の修正と、GoPro StudioやHERO3+のメモ書きを記事に順番におこしていきます!!

    1 2 >